仙台の派遣会社で決める長期と短期の違いと注意点とは

サイトマップ

社会人

派遣会社に行く前にこれだけは確認しよう!

私は現在は仙台の会社員なのですが、ちょうど年末年始はお休みだからその期間だけ短期で働きたいと思い、派遣会社に登録しに行ったことがあります。
その時の私の体験談をもとに、派遣会社に登録に行く前にこれだけは知っておいた方が良い事項をご説明いたします。
そもそも派遣とは、人員を求めている企業が派遣会社と派遣契約し、派遣会社がその派遣会社に登録したスタッフを企業に派遣するという仕組みになっています。
スタッフはあくまでも仙台の派遣会社と雇用契約を結び、給与の支払いも派遣会社からスタッフに支給され、企業とスタッフは実務上のやり取りのみとなります。
私は年末年始の空いたスケジュールに派遣での仕事を入れて少しの稼ぎを期待して派遣会社に登録に行きました。
派遣会社の担当者から登録申込用紙を渡され、記入している途中であることを確認されました。「長期勤務なら問題ありませんが、短期勤務の場合は派遣法改正によって条件を最低でも1つ以上満たした方しか仕事を受けることができません」
1.60歳以上である
2.昼間は学生である
3.年収が500万円以上である
4.家族の合計年収が500万円以上であり、且つ自身の収入がその半分以下である
私はどれにも該当していないがために、短期勤務の派遣を受けられずそのまま帰宅したということがありました。
仙台で短期希望の方は派遣会社に行く前に条件に当てはまるか確認してからにしましょう。

派遣に必要なスキル

仙台の派遣に必要なスキルと言っても、派遣にはいろんな種類があるためコレといったものはないんです。ただ、共通していえるスキルがあります。
それは信用できるというスキルです。
仙台の派遣は自分にあった時間帯・場所とメリットはたくさんあります。だけどその分、辞めやすいし辞めていくだろうなと思われているのも事実です。3~6ヶ月で転々と仕事をしていくと、その履歴を見た人はどう思うと思いますか?
きっと、この人は長く続かないんだろうな、それとも何か問題があるからどこの会社も正式に採用してないんじゃないか?と少なからずそう思われてしまうことがあるのです。
そこで必要になってくるのが、相手に自分は信用して採用していいんですよ!とアピールできるかどうかなんです。
具体的に言うと、丁寧な言葉を使い、迅速に仕事を覚え、職場の雰囲気・規則に馴染めるかと言ったことが挙げられます。
特に大事なのは最後にあげた職場の雰囲気・規則に馴染めるというところです。場を踏み、経験が多くなると人は自分で判断し行動するようになります。それでいい時もあるのですが、大きく外れたときあの仙台の会社では良かったのに…と不満を言うようになります。そうなると会社としては、ちゃんと働いてくれない、厄介な人と思われ契約を切ることも考えます。
そうならないためにも、信用できると思ってもらえるスキルを身につけていきたいですね。

派遣で居心地よく働くために

今ままで仙台の正社員にこだわって求人情報を見ていましたが、初めて派遣で仕事についた時にいろいろと知ったことがありました。
私が登録した仙台の派遣会社は大きな会社と契約を交わしており、ほとんどがその派遣会社の登録員でおぎなっていました。
その会社に勤務していた私はよく派遣のことを知らなかったので、派遣イコール時給がいいとばかり思っていたのですが、派遣は派遣でもいろいろと契約内容があり社員・契約社員・派遣・アルバイト・パートと段階がありました。
業務や所属する場所によって、時給も拘束時間も保険もかなり変わってきていました。
初めて業務についた部署では、アルバイトという契約となってしまい想像していた条件ではなくかなり不満があり、やはり派遣ではなく正社員じゃないとダメだなと感じていました。
ですが、少し働きつづけ派遣会社へ相談したところ自分に希望の条件に近い部署へ異動させてくれました。
そこから私は派遣のいいところを少しずつ見つけていくことができました。同じ仙台の会社内で異動が出来るため、保険にややこしい手続きもなく新たな環境にならず契約内容の見直しだけ済み、フルタイムからパートへの時短も部署を異動してくれ自分の生活スタイルに合わせた勤務条件の場所を探してくれました。
派遣に登録する際は、契約内容・保険の有無等確認したうえで登録すると居心地よく働き続けることができると思います。

お知らせ

»一覧へ

イチオシ記事

一覧へ

Copyright © 2016 仙台の派遣会社で決める長期と短期の違いと注意点とは All Rights Reserved.